吟醸

地域とゲームと。ときどき仕事。

「STAEDTLER」との再開

f:id:Algieba79:20180120100558j:plain自家用車やお酒、ラーメンにスポーツなど、「これがいいんだよ!」と自分のこだわりの一品がもてる分野はたくさんありますよね。文房具もその一つではないでしょうか。みなさんは、プライベートやお仕事でどんな文房具を使っていますか?

 

私は、ここ数年uniの JETSTREAM3を使っています。使ってきた三色ボールペンのなかでは書きごごちが最も優れていると思ったからです。ところが、先日出会ってしまったペンに心を奪われ、以来プライベートではそのペンが1位。

f:id:Algieba79:20180120101803j:plain

上から、外箱、内箱、本体。内箱をペンケースとしても使用可能。


STAEDTLER avant-garde」(ステッドラー アバンギャルド。ドイツの文具メーカーさんの3色ボールペン+シャープペンです。

 

ステッドラーと私の出会いは高校受験でした。父から、「試験に向けて描きやすい鉛筆にするか」と鉛筆と消しゴムをセットで買ってもらった記憶があります。鉛筆のボディは綺麗なブルー。文房具にあまり興味がなかった私でしたが、大人になるまで大切に使いました。何より、当時は周りに持っている人がいなかった。

 

鉛筆はやがてシャープペンになり、ボールペンに主役を奪われ二十数年。ふらっと立ち寄った文房具店で再び出会えるとは!

 

さて、見た目だけではありません。まずアルミボディの内側に感動です。

押すところは1つ。機能は4つ。 なのです!他社製品でもあるのかもしれませんが、私は初体験でした。

さらに、ボディの細さ。

f:id:Algieba79:20180120105458j:plain

左から、ゼブラのクリップオンスリム、アバンギャルドジェットストリーム

本体上部は国内でも屈指の細さを誇るゼブラのClip-on Slim(3色)とほぼ同じ。指がかかる部分もジェットストリーム(3色)とほぼ同じ。アルミ製なので、手帳カバーのペンホルダーにもするりと入ります。

と、ここまで「推しペン」できたアバンギャルドですが、やはり欠点も。

  • アルミボディのため、滑りやすい(指に馴染みにくい)
  • 値段が高い。¥3,000+税ナリ。
  • リフィル(替え芯)の取り扱い店舗が限られている

私は自分へのご褒美感覚で購入しましたが、仕事をはじめ、まだまだジェットストリームの出番はありそうです。カバンの中で定位置をキープしている上記のクリップオンも手放せそうにありません。

 

いわば「ボールペン三国志」。

天下が三分されたので、当面は動きがなさそうです。

 

 

↓↓ ボランティアやってます!ぜひこちらもご一読&シェアを! ↓↓

algieba79.hatenablog.jp